読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

swbitの日記

メタラーブログ

WWE Night of Champions 2014 を見た

感想など

WWEのPPV NoCを見たので簡単に感想でも。(なるべくネタバレはなしで。)

 

WWEの全タイトル戦が組まれることがコンセプトのこの大会。
今回もタッグ、US、IC、Diva、WWE世界ヘビーがそれぞれ組まれたけど、
毎年そうだけどこの大会のタイトル戦はどうもストーリーが弱く試合も微妙なのが多い印象。
今回の大会もそんな感じ。

 

第一試合:タッグ王座戦 ウーソーズ vs スター&ゴールダスト
最近のPPVはタッグで始まるのが多いね。ウーソーズの試合がレベル高いからってことなんだろう。
ただ、今回はこれまでのワイアットファミリー戦ほどではなかったかな~。
相手が色物ってのもあるし、片方がひざを怪我してたってのもあるし、なんかイマイチ。。。
ちょっと長くベルトもち過ぎってのもあるかな。7、8月あたりに1回タイトル落とした方が良かったような気がする。
色物コンビの方はお兄ちゃんの方はベテランながら頑張ってるねー。あまり好きなキャラではないけど。
弟の方もまだキャラ立ちしてなくて微妙。。。まぁ、あまり兄貴の影を追わずに独自のキャラを目指して欲しい。

 

第二試合:US王座戦 シェーマス vs セザーロ
共にアメリカ以外の出身地同士によるUS王座戦。この2人のストーリーも中途半端な印象。
ただ試合は上手いのでなかなかに盛り上がる。
負けっぷりが見事な試合。

今大会のベストバウト?

 

第三試合:IC王座戦 ジグラー vs ミズ
試合前にはよく知らないミュージシャン?が登場。
そして案の定タフガイ気取りの演出あり。個人的にはこういうのは興ざめ。
最後はかなり"キワドイ" 感じ。かなり豪快にいったように見えたけど大丈夫だったのだろうか?w

 

第四試合:レインズ vs ロリンズ
レインズが治療のためロリンズの不戦勝。オープンチャレンジの相手呼び込み。
相手は噂どおりのあの人。何故かタイミングよく車で会場ついてそのままリングへ。
ちゃんとした試合が見たい。正式にカバンかけての試合とかしないかね~。

 

第五試合:ルセフ vs ヘンリー
ロシア対アメリカという図式。ヘンリーがアメリカを背負って戦うというストーリー。
試合前にビッグショーが激励してたけど、彼ってアメリカ人だっけ?カナダじゃなかったっけ??
試合は案の定もっさり。試合前の歌もUSAコールにもうんざりだったので個人的には全然面白くない。
最後はあっさり過ぎて「何だそれ?」って感じ。

 

第六試合:オートン vs ジェリコ
これは完全に数合わせの消化試合。オートンがジェリコに因縁つけだしたのが唐突過ぎてついていけず。
まぁ、試合はさすがによかった。この二人の試合ってあまり記憶にないな~。
Wall of Jericho なんかはオートン見たいな長身細めな相手だとかなり見栄えがするね。
最後はもうみんなが予想できるオチ。「あー、やっぱりw」みたいな。

 

第七試合:Diva王座戦 ペイジ vs AJ vs ニッキー
試合前にペイジのプロモーション。ゴスな雰囲気が出ててよかったね~。
さすがにペイジとAJの王座戦ばかりやるのも何だからってことで、権力者にくっついたニッキーが加わった形なんだろうけど、
違和感ありありだった。全然二人の世界に入っていけてない感じ。
他のDivaが完全に空気だからしょうがないんだろうけど、層が薄すぎるね~。。。
でもDiva戦にしては盛り上がった試合だったんでは?まぁ、殆どAJの功績な気がするけど。

 

第八試合:WWE世界王座戦 レズナー vs シナ
サマースラムの再戦。でも殆ど違いはなし。レズナーの強さばかりが目立つ試合。
試合開始直後の展開はサマースラムのオマージュかね。
レズナーの強さには説得力があるけど、シナにはないのが大問題。(筋肉はすさまじいけど)
そもそもAAに説得力が皆無なんだから、「○発目!」とか言われてもね~。。。
終わり方なんてRAWで十分なレベル。
PPVでこれはないわ~。。。

 

ということで、例年のごとく微妙なPPV大会って印象。(あくまで私見)
最近のWWEはホントに怪我に泣かされてるな。
そのせいでストーリーがめちゃくちゃ。
レズナーやHHHが毎週出てきて芯を通してくれればまた違うのかもだけど。。。