読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

swbitの日記

メタラーブログ

MANOWAR 10/30/2014

ライブ

@ZEPP divercity Tokyo

 
MANOWAR二日目にも行ってきました!
今回は後ろの方で爆音を浴びようと待機。
 
初日と同じように15分ほど遅れてスタート。
 
やはり後ろだと音の迫力がすごい!
昨日は最前ブロックにいてVoとか殆ど聞こえなかったけど、この場所でははっきり。
重低音の響きが気持ちよすぎるw
 
そして初日にはやらなかった”Kill with power"やってくれました!
もちろん「Die!Die!」の大合唱。
昨日の"Brother ~ "も良かったけどね。
 
"Call to Arms"とこれの2曲はモニターに何も映らなかったので、やはり日本で単独だから特別にやってくれたってことなのかな。
今回はKings of Metalを全曲やるのがテーマなのでさすがにセトリをいじるのは難しそうね。
 
途中、"Load of Steel” の途中で中断あり。なんかノイズが出ているとか何とか。
でも直ぐに修正してきたので全くだれなかったね。この辺はさすが。
 
そしてこの日のディマイオ閣下のスピーチは途中で英語も含む長々としたもの。日本語のところは初日と同じ内容かな。
そしてラウパ責任者まで呼び出し、マムシ酒で乾杯w
本当に好きだったのかw
この時点で仕切りに述べる感謝の言葉に感動してる中で、個人的に一番思い入れのある"Warior of the world united"!
しかも途中Voが感極まったのか(それとも、何かツボに入って笑ってただけ?)歌い出せなくなる場面があり、もうこちらの涙腺も崩壊w
 
最後のテロップに戻ってくると力強く書いてあったので期待していいんですよね?
 
MANOWARのライブはかなりかっちり作られていて、これまでDVDなどでしか見れなかったムーブも見られて大満足の二日間。
 
ただ今回Loud Parkで見れなかった人のことも考えるとまたLoud Parkに呼ばなきゃならんでしょ、これは。
 
 
以下、閣下のMCの覚えているかぎりの殴り書き(当然間違いとかニュアンス違いは多々あるかと)
 
日本語パート
 MANOWARが21年ぶりに戻ってきたぜ!
 最高のサウンドシステムを持ってきた。これらは全て俺達のものだ!
 次に俺達が戻ってくるまで、この会場でこれ以上の爆音が出されることは無い!
 俺達は真のヘビーメタルをやるために戻ってきた。
 日本のManowarriorに敬意を表す
 お前達Manowarriorは一人で千人分のパワーがある。
 Manowar Tシャツを着れば無敵だ!

英語パート
 こんなに長く日本語でスピーチしたバンドが他にいたか?
 日本語はとても難しくて大変だ。
 21年も来日できなかったのに、今でもこれほど多くのManowarrior達がいる。
 今日ここにいる人たちは真のManowarriorだ!
(ラウパ責任者に対して)
 この反応を見たか?これを見てまたLoud Parkのヘッドライナーとしてオファーする気になったか?
 
1.Manowar (1st)
2.Blood of My Enemies (3rd)
3.Call to Arms (9th)
4.Kill with Power (3rd)
5.Sign of the Hammer (4th)
6.The Lord of Steel (11th)
7.The Dawn of Battle (EP)
8.The Warrior's Prayer (6th)
9.Blood of the Kings (6th)
10.Kingdom Come (6th)
11.Heart of Steel (6th)
12.Bass Solo
13.Wheels of Fire (6th)
14.Hail and Kill (6th)
15.Kings of Metal (6th)
Encore:
16.Warriors of the World United (9th)
(Preceded by Joey's speech)
17.Black Wind, Fire and Steel (5th)
18.The Crown and the Ring (Lament of the Kings) (6th)
 
"The Warrior's Prayer”は内容を基にした映像。
"The Crown and the Ring" はOutro