swbitの日記

メタラーブログ

EPICA Japan Tour 2017 4/6

@クアトロ

 

ようやく実現したEPICAの来日公演の東京公演に行ってきました!

3rd出た頃から聴き始めてずっと来日を切望していたのに何度かの日本飛ばしを敢行してくれていたためドイツまで見に行っちゃった思い出深いバンド。

 ドイツのライブの様子はこちら

狼と吸血鬼と美女へ会いにドイツ旅行 2015 6日目(その3) - swbitの日記

 

ライブ自体久々で2017年初ライブ。こんなに間があいたのはかなり久々。

 

なので渋谷もかなり久々だったので地上への出口に若干迷う。

 

クアトロ入り口へのエレベーター上がるとさすがに売り切れていただけあってすごい人。前方に行くのは諦めて後ろの割とみやすい位置を確保。

 

場内BGMはずっとパワーウルフ。一応プシュする気はあるってことかね。来日あるか??

 

定刻を少し過ぎたところで暗転。イントロから一曲目、あまりためることなくシモーネさん登場。

 

同期音源を入れながら壮大な曲を見事に再現。

シモーネさんは混声コーラス部も同期音源だけに任せることなくちゃんと合わせていてさすがですね。

 

今回のライブ、とにかく音が良かった。大所帯の割に見事に全ての楽器がクリアに聴こえるバランスが素晴らしい。

これまでクアトロで見たライブの中でもベストだったかも。

 

ライティングはさすがにドイツで見たほどのセットは入れられないのでこじんまりとしてたけど、十分素晴らしい。

このバンドは演奏やセトリも含めてかなりプロフェッショナルだよなぁ。

 

新譜も過去の名曲に劣らずライブ映えしていい感じ。

 

何曲か歌わせようとしてたけど(11曲目など)歌詞も音程も無理ですw 

 

シモーネさんはあのマイクスタンド持ってきてなかったのは残念。痩せてるのに意外と腕とかかなり逞しいね。

 

前回見たときにかなり印象的だった上手のギターの人は今回もかなりアクティブでやはり好印象。キーボードやベースの人とおっさん2人でハート作ってるのが微笑ましい。日本人がそんなことやったらキモいだけだろうけど。

 

ドラムは凄いことやってるのにあまり目立たなくてかわいそうね。

 

ただ今回はキーボードの人がとにかく印象的。キーボードくるくる回したり、客席に入ってきて演奏したりとにかくせわしない。

 

とにかくみんな楽しそうにやっていて見ているこっちも楽しくなる、そんなライブで最後まであっという間の100分くらいで終了。

 

名曲が多いバンドだけに物足りなさがあるのはしょうがないね。初来日だけに何かサプライズ的なものがあると嬉しかったけど、そういうのを入れる隙もないかな。

 

まさかサークルやWOD(15曲目)をやらせたりするとはね。ジャンプさせるとこ(14曲目)もあるしで至れり尽くせり。MCも分かりやすい内容で英語が苦手な身としてはありがたかったですね。

 

とにかく長年待たされた期待通りの素晴らしいライブで大満足でした。

ただやはり待望の初来日としてはクアトロは狭すぎるでしょ?

 

今度からは日本飛ばしなどせずに頻繁に来日してもらいたいものです。

(ラウパの噂もあるらしいけど果たして…?)

 

 

Eidola (7th)
1. Edge of the Blade (7th)
2. A Phantasmic Parade (7th)
3. Sensorium (1st)
4. Unleashed (4th)
5. Martyr of the Free Word (4th)
6. The Essence of Silence (6th)
7. Storm the Sorrow (5th)
8. The Obsessive Devotion (3rd)
9. Ascension - Dream State Armageddon (7th)
10. Dancing in a Hurricane (7th)
11. Unchain Utopia (6th)
12. Cry for the Moon (1st)
Encore:
13. Sancta Terra (3rd)
14. Beyond the Matrix (7th)
15. Consign to Oblivion (2nd)


1st(Phatom):2、2nd(Consign):1、3rd(Divine):2、4th(Design):2、
5th(Requiem):1、6th(Quantum):2、7th(Holographic):5+Intro

こうして見ると新譜から最も多く、且つすべてのアルバムから選曲というかなり考えられた良いセトリ。