swbitの日記

メタラーブログ

Eduardo Falaschi Rebirth of Shadows&The Dark Element 2018/10/06

@新宿Blaze

 

自分も見に行った昔やったAngraNightwishカップリングを彷彿とさせる組み合わせの今回の公演。売り切れるかと思い発売日にチケット買って東京公演に行ってきました。

 

直前に奥さんが大病を患ってどうなるかと心配していましたが、なんとか完治はしないまでも大分良くなってきたので、1人参加してきました。残念ながら奥さんは不参加になっちゃいましたが。

 

まずはOAのRaskasa。

先日のevoken festに続いて2度目。まぁ、特に感想はないですが30分程で終了。

 

セットチェンジ30分後、今回のお目当てThe Dark element。

まさかの来日ですね。CDがめちゃくちゃ良かったものの完全にプロジェクト感が強かったので来日は無いと思ってました。

ヤニはソナタ時代に見たことあったけどアネットさんは初。全然劣化してなかったですねぇ。

アルバム1枚ながら全曲捨て曲無い名盤だったので、そこから1時間やってくれて大満足。

これっきりのプロジェクトでは勿体無いなぁ。

 1.The Dark Element
2.Last Good Day
3.Dead to Me
4.Here's to You
5.Halo
6.I Cannot Raise the Dead
7.The Ghost and the Reaper
8.Only One Who Knows Me
9.My Sweet Mystery

 

そしてRebirth of Shadows

始まる前には会場に人が入りきれないとのアナウンス。やっぱりこの組み合わせなら人入るよね。

個人的Angraの黄金期であるRebirthとTemple of Shadowからの曲をやるというプロジェクト。Angra在籍時の最後の方ではすっかり喉潰しちゃってライブは酷かったのでかなり心配でしたが…

いきなり超名曲のNova Era。みんなが歌いすぎてドラム以外ほとんど聴こえない。この状態ならEduが歌えなくなってても全く問題ないね。

その後もVoはやっぱりヨレヨレで、ドラムが終始パワフルすぎたのでソロ名義なのにあまり目立てなかった感が…もともと個人的にソロでやるほどカリスマ性があるとは思えないってのもあるけど。

それでもやはり名曲連発なので終始盛り上がるよね。途中で日本限定発売らしい新曲も披露。MCなんかも含めてなんか最近Anvilの映画をTVで見ていたのでその状況とちょっと重なっちゃいました。

どうもこのツアーはTVの企画らしくカメラも入ってましたね。どこかで映像見れるのかな。かなり盛り上がってたのでいい出来になるんじゃないでしょうか。期待です。

 Intro.In Excelsis
1.Nova Era
2.Acid Rain
3.Angels and Demons
4.Running Alone
5.Wishing Well
6.Winds of Destination
7.Heroes of Sand
8.The Glory of the Sacred Truth (新曲)
9.Millennium Sun
10.The Shadow Hunter
11.Live and Learn
12.Rebirth
se.Deus Le Volt!
13.Spread Your Fire
Outro.Gate XIII

この後もライブに何本か参加予定があるんだけど、今年は行けなくなることが多かったから、この後は何事もないことを祈るばかりです。

 

f:id:swbit:20181007172223j:image

 

Liam Gallagher 2018/09/13

@日本武道館

 

前日からのSATYRICONロスを引きずりながら元OASISのVoによるソロライブ東京公演に行ってきましたよ。

 

OASISは学生の頃よく聴いていて、たしか幕張でのライブにも行った記憶。最近はすっかり聴いてなかったけど、来日すると聞いてかなり久しぶりに聴きまくってみました。

 

会場の日本武道館もかなり久々。いつぞやのJudas Priest以来かな??

 

ソロとしては去年サマソニに来ていたらしい。で、今年はお兄ちゃんがサマソニに出ていたらしく、こちらは単独で再来日。

 

2階席でも南のステージ正面でかなりいい位置でした。

 

ライブは10分遅れくらいでスタート。

 

いきなりOASISの曲連発。こりゃテンション上がって歌いまくりですよ。

ソロということもあってかVoの音がやたらでかい。おかげで周りを気にせずに歌いまくれてよかった。ギターソロとかも幾分か端折ってたのかな?

 

中盤からはソロ名義で出した曲を立て続けに披露。流石にOASISの曲とは温度差がでちゃいますね。まぁ、聴き入っていた、という感じもあったけど。ソロの曲になると座っちゃう人もチラホラ。

 

MCがよく聞き取れないのも相変わらず…

 

45分程度やったところで一旦みんな引っ込む。早くね??

 

アンコールは自分の大好きなSupernovaから。今回はピアノオンリー。これもまたいいですね。最後は超名曲のWanderwall。武道館が大合唱でした。

 

そして客電点灯。早くね??70分くらいなんだけど…

 

と思いつつ終了のアナウンスは無いので一応待機。その間も帰って行く人もチラホラ。

 

そしたらいきなり暗転してアンコールを1曲披露。ようやく1st、2nd以外のOASISきたー!と思ったらこの1曲のみで終了。

 

まぁ、2ndまでで名曲だらけだからしょうがないんだけど他のOASISの曲も聴きたかったなぁ…時間も80分くらいだから武道館にしては短くない??

 

ひさびさにカラオケ行きたくなりますねぇ。

 

 

1.Rock 'n' Roll Star (Oasis 1st)
2.Morning Glory (Oasis 2nd)
3.Greedy Soul
4.Wall of Glass
5.Bold
6.For What It's Worth
7.Some Might Say (Oasis 2nd)
8.Champagne Supernova (Oasis 2nd)
9.Soul Love (Beady Eye song)
10.You Better Run
11.I've All I Need
12.Whatever (Oasis)

Encore:
13.Supersonic (Oasis 1st)
14.Cigarettes & Alcohol (Oasis 1st)
15.Live Forever (Oasis 1st)
16.Wonderwall (Oasis 2nd)

Encore 2:
17.Be Here Now (Oasis 3rd)

 

f:id:swbit:20180914145702j:image

なんか葬式みたいだ…

 

SATYRICON Japan tour 2018/09/12

@代官山UNIT

 

当初5月に決まっていたもののちょうどCoFともろ被りだったり、そっから大阪と日程変更したりがあって結局延期となった振替公演。

 

新譜は多分日本盤出てない中での来日。よく来てくれましたね。

 

ライブは10分遅れでスタート。前作もそうだったけどCDでゆったり目でだるくなるような曲もライブで見るとテンションが全く落ちない不思議。意外とそういう曲でドラムのFrostさんの手さばきがすごかったりするのよね。

※前作では来日公演なかったけれどフィンランドのTuskaで体験。

 

swbit.hatenablog.com

 

で、そのFrost。もうこの人のドラムが好きすぎる。ツーバス気持ちよすぎるし、タム回しも見事にツボをついてきて、個人的ナンバー1ドラマーの座をさらに不動のものにしましたね。

今回は割と近くで見たんだけど意外とデカイのね。もっと身長低いのかと思ってたけど、そんなことなさそう。周りがでかいだけで。

 

VoのSatyrはオーラからして凄まじくカッコいい。まず身長高いのに顔が小さい。で、今回は短髪オールバックで映画に出る吸血鬼伯爵のような雰囲気も。後半でギターを持ちトリプルギター編成に。ギターが増えてもこの日は割と音が良かったので全然潰れたりすることもなかったのは前座なしの単独公演の恩恵かな。

 

サポートのギター二人とベース、キーボード?は動くことはほとんどなく淡々と。みんな豪快なヘドバンでかっこよかったです。

 

結局、新譜で一番好きなBlood Cracks Open Groundがやってくれなかったのか。あの中盤でのプリミティブなドラミングが見たかったなぁ。(イントロだけ聴き直すとやってた気がしたんだけど気のせいか。。。)

 

最初数曲やってみんな引っ込んじゃったので、もしかしてENSLAVEDの時のようにもう本編終わりか?と頭をよぎるも結局100分くらいで満足。

 

Mother northのイントロではフロント4人が並んで直立不動のまま引いてたけど手の動きが見事にシンクロしててちょっと面白かった。

 

ちょっと自分の周りでウザい人がいたのが残念だったけどライブは最高でした。

 

今回客入りが寂しかったし日本盤も出なくなったので次の来日も怪しいけれど是非Smashさんには今後も呼び続けてほしいものです。

 

1.Midnight Serpent (9th)
2.Our World, It Rumbles Tonight (8th)
3.Black Crow on a Tombstone (7th)
4.Deep Calleth Upon Deep (9th)

5.Walker Upon the Wind (8th)
6.Repined Bastard Nation (5th)
7.Commando (7th)
8.Now, Diabolical (6th)

9.To Your Brethren in the Dark (9th)
10.Black Wings and Withering Gloom (9th)
11.Walk The Path Of Sorrow (1st)
12.Transcendental Requiem of Slaves (3rd)
13.Mother North (3rd)

Encore:
14.The Pentagram Burns (6th)
15.To the Mountains (6th)
16.Fuel for Hatred (5th)
17.K.I.N.G. (6th)

 

1st:1、2nd:0、3rd:2、4th:0、5th:2、6th:4、7th:2、8th:2、9th:4

f:id:swbit:20180913073326j:image

 

ENSLAVED Japan tour 2018 /9/03

@duo

 

 Loud Park以来の来日となるENSLAVED。かなり楽しみにして見てきました。

 

招聘はいいにおいとか言う怪しいところ…しかも平日なのに前座が4バンドというとても普通ではやらない編成。

 

で、当初の話では19時開演だったはずが当日の出回ったタイムテーブルでは18時30分から開始になっているというグダグダ感。

 

とりあえず会社はさっさと退社して18時前には会場着。

入場のドリンク代で600円とられて物販を覗いてみるとENSLAVEDのTシャツが4500円と高額…まぁ、お布施の意味を込めて買っておきました。CDは置いてなかった様子。

 

で、定刻通りに最初のVMOなるバンド開始。DJ??とギターに男女Voという変わった体制。プロジェクターで結構凝った映像を見せながら叫んでました。ただ男のVoはもう少し頑張らないとすぐに要らない子になっちゃいそうね。

最後は「チーズ」と写真撮影して終了。

 

次はSSORCなるバンド。

ここでギタートラブルらしきものでバタバタ。始まってもベースが何やらテープで補強とかしだすしグダグタ。この始まりのトラブルがなければこの日一番にブラックメタルしていて良かったです。ギターの人は自傷行為もしていた様子。地味だけど。

 

そしてこの日ENSLAVED以外では唯一知っていたバンドのSIGH。

何回か見ているけど、今日は特に素晴らしかったです。曲もなんとなく分かってきたのも大きいかも。ギミック関係は特にやらず一気にまくしたてていて、彼らのライブではこれまでで一番テンション上がった。

 

トリ前はVampillia

 keyとバイオリンのおねえちゃんが二人いる編成。ギターの1人は外人さんかな?バイオリンのおねえさんにずっと背を向けられていて一人蚊帳の外って感じでちょっと浮いちゃってた感じ。曲的には色々やりたいのを詰め込みました感。でもすでに15分以上は押していたのでそんなかったるいのは要らんよって感じでした。

通常時に見てたらまたちがうかもしれないけど。

 

そしてトリのENSLAVED

だけどまず後ろの垂れ幕を設置するのに明らかに手間取ってる。そんなことになるなら開場前から設置しとくとか、せめて吊り下げるバーに結びつけるとこまでやっておくとかできないもんかね。

 

そしていよいよライブ開始。

これがまためちゃくちゃカッコいい。特にフロント3人はすごすぎ。あれだけでかいのが並ぶと圧巻。佇まいも貫禄十分。で、これはもしかしたら今年一番のライブになるかも?って思ったところであっけなく終了。あまりに短すぎるのでアンコールあるかと思ったらそそくさと終了のアナウンス。

これにはみんなの不満が爆発。トリなのに40分ってなんなのよ。

 

って事で、時間が全然守れないことや垂れ幕などの準備のこと、Tシャツの値段、ビールが700円というぼったくり価格などなど不満ばかり募るイベントでした。

 

ENSLAVEDの演奏は最高だったけど…

 

1. Roots of the Mountain (12th)
2. Ruun (9th)
3. Sacred Horse (14th)
4. Isa (8th)
5. Allfǫðr Oðinn (EP?)

 

 

 

 

 

EVOKEN FEST 2018 /9/02

@新宿Blaze

 

前日に続き二日目も参戦。

会場の名前を聞いたことがあったのですっかりOrphaned landとかを見た会場かと思ってたら全然違うところで危なかった…

 

って事でこの日も最初から参戦。

 

最初は戦国をモチーフにした日本のAllegiance Reign。

思いっきり時代劇っぽいナレーションの後にめちゃくちゃヨーロピアンなパワーメタルってのが面白い。ライブもかなり良くて楽しかった。あの甲冑とか準備するの、高くないのかね??

 

続いてDark tribe

何も予備知識を入れてなかったのでなぜか韓国バンドだと思い込んでいたら全然アジア人じゃない外人だった。フランスのバンド?

まだまだかなり寂しいが客入りながら楽しそうに頑張ってました。個人的にはあまり響くものはなかったです。

 

そのあとはこれまた全く予習してなかったので日本のバンドと思い込んでいたVoyager。

MCによるとオーストラリア人みたいね。ギターがおねえさんでした。このバンド最初は微妙かなぁと思って見てたんだけどまだちょっとすぎたあたりからめちゃくちゃ良くなってた。これはまた見たいですね。

1.Ascension
2.You the Shallow
3.Hyperventilating
4.Lost
5.The Meaning of I

 

そのあとからはVhaldemar、Dragonland、Cryonic Temple、Orden Ogan、Nocturnal Ritesと続いたけどセトリとかほぼ同じだったので省略。

とりあえずDragonlandまではマイクの音がひどくて脳が揺れるような錯覚をおぼえてやばかった。Orden Oganは何度見ても楽しい。さすがにイレギュラーな編成ではセトリ変えられないよね…Nocturnal Ritesの時はVhaldemarの人たちがウロウロしてました。安定の高品質パワーメタル。

 

この日は残念ながら最後まで寂しい客入りだったけど、その分座って待てたし、ゆったり見れたので昨日の疲れを考えると良かったです。

もう少し各バンドがセトリ変えてくれるともっとテンション上がるんだけど、それがちょっと残念。

 

来年もあるかな?期待してますよ。

 

f:id:swbit:20180903174406j:image

 

 

EVOKEN FEST 2018 /9/01

@恵比寿リキッドルーム

 

去年はGloryhammerがキャンセルしたため見送ったパワーメタルを集めたEVOKEN FESTの第2回目東京公演に行ってきました。

 

予定では13時開場22時終了の長丁場。

 

まずは入場したらお目当てのOrden OganのTシャツとついでにオフィシャルのを購入。

ビールをもらって待機。

 

最初は呼び屋からのバンド。

女性Voさんの声量がすごいですね。

ちょっとした裏話もありつつ終了。

 

二番目はCryonic Temple

新譜が結構良かったので期待してたけど、新譜からはそんなにやらなかったかな?1,2曲??

途中VoとGがスイッチする曲もあり、ただVoはあの譜面台みたいなのはなんだったんだ??

 

1. End of Days (6th)
2. In Thy Power (3rd)
3. Swords and Diamonds (2nd)
4. All The Kingsmen (5th)
5. Pain and Pleasure (6th)
6. Under Attack (6th)
7. Eternal Flames of Metal (3rd)

2nd:1,3rd:2,5th:1,6th:3

 

続いては久々の来日らしいDragonland

来日していたことなんて全然知りませんでした。それほどはまっていた訳ではないので後ろでまったり鑑賞。ドラムが派手に叩いていたのが印象的でした。

メンバー紹介のナレーションとかはX Japanのパロディだったのね。そっちは興味ないから全然ついていけなかった。

 

1. Supernova (4th)
2. A Thousand Towers White (5th)
3. Starfall (3rd)
4. Majesty of the Mithril Mountains (2nd)
5. The Black Mare (5th)
6. Rusty Nail (X JAPAN cover) (3rd)

2nd:1,3rd:1,4th:1,5th:2

 

 

そして今回予習して一番のあたりだったVHÄLDEMAR。

新譜が素晴らしすぎたので超期待。

最初はどうも音が小さいと思ったり、GやKeyのソロになると音の厚みがなくなりすぎるのが気になったけど、途中からはほぼ気にならなくなってました。Bの人の笑顔が印象的でしたね。最後はVoが暴れまくってフロアに入ってきたり、後ろのPA前まで行ったりして自由にやってました。そんなことやる時間あるならもう1曲くらいできたんでないの??まぁ、盛り上がってたからいいけど。

 

1. Metalizer (5th)
2. 1366 Old King’s Visions (Part V) (5th)
3. Against All Kings (5th)
4. Howling at the Moon (5th)
5. The Old Man (4th)
6. Breaking All The Rules (2nd)
7. Lost World (1st)
8. Energy (1st)

1st:2,2nd:1,4th:1,5th:4

 

そしてCivil War。

まさかこのバンドも日本に来てくれるとはね。Orden Oganもいるしどうしても数年前のドイツで見たライブを思い出させてしまうね。

swbit.hatenablog.com

今回はその時からVoが変わっちゃっていた様子。

そのVoについては全然問題なかったですね。歌い方も敢えて似せるところは似せていたようだし。「ハイ!ハイ!」って言う煽り方がちょっと面白かった。手を振らせる煽りが多かったのも印象的。元SABATONのメンバーの集まりらしいのでそちらに負けないくらいに頑張ってもらいたいですね。東京はこの日だけってのが残念。予想よりはるかに楽しくいいライブでした。

 

1. USS Monitor (2nd)
2. Saint Patrick’s Day (1st)
3. I Will Rule the Universe (1st)
4. Tombstone (3rd)
5. Bay of Pigs (2nd)
6. Rome Is Falling (1st)

1st:3,2nd:2,3rd:1

 

そして前回に続いての参加となるDerdian

どうもその前回の来日時の反応が良すぎてバンド継続することになったとのこと。

この日もものすごい受けていましたねぇ。自分は周りのテンションについていけませんでした…

キーボードのトラブルなどもあったものの、普通にMCで場をつないでみせる余裕もあり。

日本語バージョンの曲をカンペ無しで歌いきったのはすごいね。

 

1. DNA (6th)
2. Hail to the Masters (6th)
3. Eternal Light (1st)
4. Never Born (6th)
5. The Hunter (2nd)
6. Red and White (6th)

1st:1,2nd:1,6th:4

 

そしてお目当てOrden Ogan

とうとう日本に来てくれました。

このバンドのみステージセットが豪華。やはり今回のラインナップではもっとも勢いのあるバンドだけはあるね。

ライブでの定番曲はどの曲も覚えやすい歌詞を何度も繰り返すのでずっと歌い叫びまくってましたよ。ヘドバンするタイミングとかもちゃんと指示してくれるのでどんどんテンションあげられてしまった。特にFEVERとかpiratesとかは楽しすぎ。新曲も変わらず楽しい。でも名曲の予感しかしないVampireやってくれないのは残念…(セトリを再度確認し直してはいないので、もしやってたらすみません) それでやっぱり最後はCold Dead and Gone!!これが楽しすぎるのよね。今回MCで触れていたとおりVo&Gの人が親指を骨折したとかで本来Bの人が代わりにGをやってたけどソロもそつなくこなしさすがでした。Voはちょっと手持ち無沙汰な感じが逆にレアでしたね。でも本来の体制ならもっとすごいのでまた来て欲しいですな。

 

1. To New Shores of Sadness (2nd)
2. F.E.V.E.R. (5th)
3. Gunman (6th)
4. Deaf Among the Blind (5th)
5. Sorrow Is Your Tale (5th)
6. We Are Pirates (3rd)
7. Come With Me to the Other Side (6th)
8. Forlorn and Forsaken (6th)
9. The Things We Believe In (4th)

2nd:1,3rd:1,4th:1,5th:3,6th:3

 

そして体力の限界を感じつつ最後のNocturnal Rites

見るのはLoud Park以来。その時は後方で見てたのでノリについていけなくて後悔していたので待望の再来日ですよ。

とりあえずベテランなのにみんな元気でお茶目ですね。Voはなぜか定期的にBのマイクにイタズラしてるし。最初の方で待望のジャンプさせる曲をやってくれたのが、ずっと立ちっぱなしで腰と足に来ていた老体にはいい運動になっていつもより高めに飛び跳ねてました。

もう、分厚いコーラスに合わせてずっと大合唱で楽しすぎた。Still aliveが締めなのかと思ってたけど全然中盤にやるのね。

 

1. Before We Waste Away (9th)
2. Call Out To The World (8th)
3. Shadowland (5th)
4. Never Trust (7th)
5. Avalon (6th)
6. Still Alive (7th)
7. Never Again (8th)
8. Repent My Sins (9th)
9. New World Messiah (6th)
10. Not the Only (8th)
11. A Heart As Black As Coal (9th)
12. Afterlife (4th)
13. Fools Never Die (7th)

4th:1,5th:1,6th:2,7th:3,8th:3,9th:3

 

というわけで個人的にはLoud Parkに負けないくらい最高のラインナップを組んでくれたEVOKENに感謝。

 

って事で、老体に鞭打って二日目も参戦です

 

ドイツ旅行 Wacken 四日目 その2 8/6/2016

 すっかり放置してしまっていたWacken 2016のブログの続き。

(現在2018年。。。)

 

前回まではこちら

ドイツ旅行 Wacken 四日目 その1 8/6/2016 - swbitの日記

 

もうほとんど覚えていないので、あっさりと。

 

テントステージを抜けてメインステージへ移動。

途中の様子はこんな感じ。

f:id:swbit:20180808103048j:plain

 

そしてMain StageではTherion

残念ながら観衆は結構寂しい感じ。

地面もヌタヌタで大変だったししょうがないか…

 途中、つい先ほどまでテントステージでライブをしてたSnowyさんも登場。

(写真には写っていませんが。)

 

f:id:swbit:20180808103608j:plain

 

そしてまたまた急いでテントステージへ戻り、今回のお目当てのひとつGloryHammer。

会場に着いたらすでに人が多すぎて後ろからでは全然見れない。ということで、脇の入口から入り割と見える位置へ。(ドラムは全く見れなかったけど。)

 

f:id:swbit:20180808104031j:plain

やはり楽曲がやたらキャッチーでみんなずっと歌いまくりで楽しすぎる。

f:id:swbit:20180808104439j:plain

 

そして少し時間があったので疲れっきってはいたもののメタルマーケットを散策。

f:id:swbit:20180808104738j:plain

 

そしてちょっと休憩した後、最大のお目当てTriptykon。

ちょうど夕暮れ時に壮大なステージセットが映えておりものすごいカッコいい。

マイクスタンドの逆十字がちょっと邪魔で見えづらかったけれども、

期待以上にすばらしかったです。アルバム出す気配がないのが残念ですなぁ。

f:id:swbit:20180808105626j:plain

 

その後、Twisted Sisterだったので最初の一曲は聞いたような。。。

ただあまりに疲れ切っていたのでテントに戻り休憩し、最後にやるであろう「We're Not gonna take it」だけ聞ければいいか、と終了30分前くらいに会場に戻るもすでに終了。。。はやすぎだろ。

 

この年の最後はArch Enemy。Voが変わってから興味が薄れてきているのでもともとは見る気はなかったんだけど、上記の通りTwisted Sisterが見れなかったので、せっかくだから半分くらい見て就寝。

この日のライブは映像化されて売っているみたいね。確かにすごい豪華なステージセットでした。