swbitの日記

メタラーブログ

ドイツ旅行 Wacken 四日目 その2 8/6/2016

 すっかり放置してしまっていたWacken 2016のブログの続き。

(現在2018年。。。)

 

前回まではこちら

ドイツ旅行 Wacken 四日目 その1 8/6/2016 - swbitの日記

 

もうほとんど覚えていないので、あっさりと。

 

テントステージを抜けてメインステージへ移動。

途中の様子はこんな感じ。

f:id:swbit:20180808103048j:plain

 

そしてMain StageではTherion

残念ながら観衆は結構寂しい感じ。

地面もヌタヌタで大変だったししょうがないか…

 途中、つい先ほどまでテントステージでライブをしてたSnowyさんも登場。

(写真には写っていませんが。)

 

f:id:swbit:20180808103608j:plain

 

そしてまたまた急いでテントステージへ戻り、今回のお目当てのひとつGloryHammer。

会場に着いたらすでに人が多すぎて後ろからでは全然見れない。ということで、脇の入口から入り割と見える位置へ。(ドラムは全く見れなかったけど。)

 

f:id:swbit:20180808104031j:plain

やはり楽曲がやたらキャッチーでみんなずっと歌いまくりで楽しすぎる。

f:id:swbit:20180808104439j:plain

 

そして少し時間があったので疲れっきってはいたもののメタルマーケットを散策。

f:id:swbit:20180808104738j:plain

 

そしてちょっと休憩した後、最大のお目当てTriptykon。

ちょうど夕暮れ時に壮大なステージセットが映えておりものすごいカッコいい。

マイクスタンドの逆十字がちょっと邪魔で見えづらかったけれども、

期待以上にすばらしかったです。アルバム出す気配がないのが残念ですなぁ。

f:id:swbit:20180808105626j:plain

 

その後、Twisted Sisterだったので最初の一曲は聞いたような。。。

ただあまりに疲れ切っていたのでテントに戻り休憩し、最後にやるであろう「We're Not gonna take it」だけ聞ければいいか、と終了30分前くらいに会場に戻るもすでに終了。。。はやすぎだろ。

 

この年の最後はArch Enemy。Voが変わってから興味が薄れてきているのでもともとは見る気はなかったんだけど、上記の通りTwisted Sisterが見れなかったので、せっかくだから半分くらい見て就寝。

この日のライブは映像化されて売っているみたいね。確かにすごい豪華なステージセットでした。

 

 

The Third(仮) 2nd live 2018/7/17

@マイナビBlitz赤坂

 

またまた行ってきてしまいました、バンドリ関連のライブ。ゲーム自体は先日データを消してやり直しているので若干熱は冷めかかっていますが…

 

この会場、ひさびさ。いつの間にか名前変わってるし。

 

で、今回も後方待機。それでも割とよく見えたので良かった。左の方は女性専用スペースもありましたね。

 

ほぼ定刻に暗転したので始まるのかと思ったらいきなりアニメの番宣PV(スターライト)で出鼻を挫かれる。そこからサプライズ?でそのアニメの出演者の方たちが4人登場。3曲やってましたがかなり盛り上がってました。みんなよく知ってるよねぇ…

 

1. Star Divine

2. ディスカバリー

3. 星のダイアローグ 

 

 

で、すぐさま本編開始。この転換の速さは毎度関心させられる。

1stライブの時や先日のバンドリ5thライブの時に披露していた曲を立て続けに披露。いい曲が多くて演奏もパフォーマンスもうまいからテンション上がりますねぇ。

で、中盤よりバンドリのアイドルバンドのボーカルの人がゲスト出演。人気すごいねぇ。その際はThe Thirdの方々は完全に裏方に徹していました。途中Bのトラブルがあったようであわてて交換してたりも。

ここで4曲披露。盛り上がりもすごかった。

 

そこで一旦全員がステージから掃けてバックのスクリーンにてThe Third(仮)がここで終わること。新メンバーとしてDJが入ること、そして新しいバンド名がRaise A Suilenとなることが発表。自分としてはどうしてもレイズをライズ、スイレンをサイレンと間違えて覚えてしまいそうで危険。

 

そのまま新DJの方がソロを披露。バンドリの番組で何度か見たことあった新人声優の方でした。いつの間にか自分も大分声優さんのことが詳しくなってきちゃってるなぁ…R.I.O.Tをうまいことアレンジしてカッコよかったです。

 

そこからオリジナル曲のR.I.O.Tと新曲で本編終了。これらの曲もいい曲でめちゃくちゃテンション上がる。ただ新しく始まったってのに2曲で終了はちょっと拍子抜け。アンコールあるにしても…

 

かなり時間をかけたアンコール待ちの後はそのDJか特徴的な曲をカバー。MCによるとDJはこのバンド加入がきっかけで始めたようなので今後どうなりますかね。

再度ゲストVoの方を呼び込んで、そのバンドの新曲を初披露。

で、お知らせを挟んで最後はもう一度R.I.O.Tで大盛り上がりの中終了。

 

今回はOAも含めてゲストが目立ってたので、前回の方がバンドっていう感じは強かったかな。それでも楽しいライブでした。

 

お知らせであったけど次は両国らしい。またゲストVoが誰か来るのかな?

1stライブのCDは行った時のやつだから買おうかなぁ。映像付きで出してくれればいいんだけど。

 

そろそろバンドリも卒業したいのだけれど、もう少し引っ張られそう…

 

 

1.That Is How I Roll!(Afterglow)

2.Don't be afraid(Glitter Green)

3.えがおのオーケストラっ!(ハロー、ハッピーワールド!)

4.Hey-day狂騒曲(カプリチオ)(Afterglow)

5.ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!(ハロー、ハッピーワールド!)


6.パスパレボリューションず☆(Pastel*Palettes)

7.ゆら・ゆらRing-Dong-Dance(Pastel*Paletts)

8.はなまる◎アンダンテ(Pastel*Paletts)

9.しゅわりん☆どり〜みん(Pastel*Palettes)

 

10.R.I.O.T(THE THIRD(仮)オリジナル)

11.新曲(THE THIRD(仮)オリジナル)  注:Unstoppable??

 --

12.せかいのっびのびトレジャー!(ハロー、ハッピーワールド!)

13.もう一度ルミナス(Pastel*Palettes)

14.R.I.O.T(THE THIRD(仮)オリジナル)

 

Dark Funeral & NAGLFAR SWEDISH BLACK INVASION 2018/06/16

@下北沢ガーデン

 

久々の来日になるNAGLFARとラウパでトリを務めて以来の来日になるDark Funeralが豪華なカップリングで来日ということで行ってきました。

 

開演直前に会場に到着すると、もうTシャツは売り切れでした。中もすでに結構な人。ということで、最初のバンドは後ろの方でのんびり見てました。

 

で、最初のバンドNOX VORAGO。

全員フード被って、お面という見た目のインパクトもなかなか。音はドゥームっぽい雰囲気もあり、盛り上がるツボも抑えたなかなかいい感じ。初めて聞いたけど楽しかった。最後はみんな素顔になってご挨拶。

 

で、呼び屋のバンドEthereal Sin

バイオリン、キーボード付きのかなり大所帯に変貌。女性Voがいなくなっちゃったのは残念ね。音が結構ひどかったけどなかなか盛り上がってました。で、新規公演の発表が、まさかのGorgoroth!来日は絶対ないと思って完全スルーしてたけど今度ちゃんと聴いてみよう…

 

そしてNAGLFAR

日本で見るのはdojo、ラウパ以来かな?そのあとWackenで少し見ることができたけど、待望の再来日。すごいライブでした。もうどれも名曲すぎてテンション上がりっぱなし。ブラックメタルの範疇を超えたキャッチーさを持つ曲ばかりで、会場が爆音で音の輪郭がはっきりしなくても何の曲やっているかが分かるってのは強い。そろそろ新しいアルバム作ってくれんかなぁ?再来日の準備もしている的な話をしていたと思うのでそれも今から期待です。(いつか「Unleash hell」をライブで聴きたいなあ…)

 Setlist.fmより

1.Feeding Moloch (5th)
2.Black God Aftermath (3rd)
3.Bring Out Your Dead (6th)
4.Odium Generis Humani (5th)
5.The Perpetual Horrors (4th)
6.Blades (2nd)
7.The Darkest Road (5th)
8.The Mirrors of My Soul (5th)
9.As the Twilight Gave Birth to the Night (1st)
10.And the World Shall Be Your Grave (4th)
11.A Swarm of Plagues (4th)
12.I Am Vengeance (3rd)
13.The Brimstone Gate (2nd)

1st:1, 2nd:2, 3rd:2,4th:3,5th:4,6th:1

 

トリはDark Funeral

前回の来日が超待望だったけど、今度はそこからあまり間を開けずにきてくれましたね。まず始まりの暗幕が開いた瞬間の彼らの世界観がすごいくて一気に引き込まれました。甲冑をつけたメンバーのシルエットに禍々しいステージセットとライティングで最高。それ以降は自分のいた場所がすごい見えづらいところだったこともあり、ほとんど上手のギターとドラムしか見れなかったけど、ドラムの音数やばすぎ。終始余裕の表情で約70分叩きっぱなしとか、強すぎる。ボーカルはイーサン並みにインテリ感が出てましたね。口髭、オールバックがポイントか?「Nail Them to the Cross」では逆さ十字をぶらぶらさせながら、ラストはバンドロゴをあしらったフラッグを振って終了。全ての曲が何の曲か認識できたわけではないけど、素晴らしかったです。

 

 Setlist.fmより

 1.Unchain My Soul (6th)
2.The Arrival of Satan's Empire (3rd)
3.Vobiscum Satanas (2nd)
4.As I Ascend (6th)
5.The Secrets of the Black Arts (1st)
6.As One We Shall Conquer (6th)
7.Open the Gates (4th)
8.Hail Murder (3rd)
9.My Funeral (5th)
Encore:
10.Nail Them to the Cross (6th)
11.Atrum Regina (4th)
12.Where Shadows Forever Reign (6th)

 

1st:1, 2nd:1, 3rd:2, 4th:2, 5th:1, 6th:5

 

奥さんが撮った写真をもらいました。NAGLFARです。

f:id:swbit:20180618133132j:image

 

 

Poppin' Party Happy Party 2018/05/12

@幕張メッセ

 

この前のThe  Third(仮)のライブに続いて、とうとうこちらのライブにも行っちゃいました。

 

1〜3ホールを使って3ホールは物販などのイベント用に解放されてました。

 

自分が現地に着いた時にはすでにグッズを買い込んだ人たちが多数いろんなところで休憩してました。Tシャツはともかくあんな法被は着れないなぁ…

 

で、とりあえずイベントブースを散策。機材やら衣装やらが展示。適当に写真とか撮って時間を潰す。

 

f:id:swbit:20180513142725j:image

 

開場して席を見てみると探すまでもないびっくりする位置。こんなことあるんだねぇ。見えやすくはなかったけど、端っこだったので周りをあまり気にすることなく見れたので個人的には結構いい位置でした。

 

で、予定より10分弱くらい遅れてOAのThe  Third(仮)がオリジナル曲のインストをバックに登場しこの前の単独と同じ曲からスタート。終始メンバーみんなノリノリで演奏していたのがとても微笑ましい。オリジナル曲を含む4曲ほど30分くらいで終了。とても楽しかったです。

 

そしてほとんど時間を置かず本編スタートを告げるアニメーションが。これは凄いよね。で、アニメーション中、裏で控えているメンバーがある程度ぼかしながら映し出される演出は素晴らしいですね。

ライブはメドレーあり、アコースティックあり、ドラムなしで全員が前にでてくるパートもあり、など趣向を凝らした演出多めで飽きさせない。

 

こういうのでありがちな衣装チェンジや特訓映像なんか個人的には無くてもいいからもっと曲を増やしてもらいたい…まぁ、声優さんだから大変なんだろうけど。

(個人的にはBOF聴きたかった)

 

結局18時過ぎに始まって終了は20時45分ほど、長丁場だったけど、前述のようにそんなに疲れるわけでもなくあっと言う間でした。

 

まぁ、アニメも来年2期3期決まったようなのでこのバンドもまだまだ続けてくれそうなので今後の展開も楽しみですな。

 

(2日目も行きたかったなぁ…)

 

 

 

 

 

Cradle of Filth Cryptoriana World Tour 2018/05/01

@恵比寿リキッドルーム

 

去年のラウドパークで待望の久々再来日を果たしたCradle of Filthが単独で再来日!

 

GW中日の平日ながらうちの会社は休みだったのでのんびり出発。のはずが、電車で人身があったとかの情報があったため早めに出たらかなり早く着きすぎた。

 

客入りはちょっと寂しいもののCoF Tシャツの割合がかなり多くコアなファンが集まっていた感じ。

 

ほぼ定刻通りに暗転。メンバーがぞろぞろ登場し、Keyのお姐さんが笑顔を振りまいて、フードを被ったダニ登場。もうカッコ良すぎますね。

 

終始低音グロウルと超高音金切り声を切り替えつつ速射砲のように叫び続けるのはホント狂気の沙汰。キメのところ以外はちゃんと歌詞を追っているのか怪しいものの、あれ歌詞を全部覚えてたらすごすぎるよなぁ。彼らの場合難しい言葉も多いし。さすがに中盤以降のMCでは喉が辛そうな感じだったものの曲に入れば全く問題なしなのはさすが。

(どこかの曲の歌詞をJapaneseに変えてた??)

 

今回はkeyの歌もちゃんと聴こえたのが良かったなぁ。これまで見た時は大体埋もれてたことが多かった印象だったけど、今回は終始いいバランスで素敵な歌声を堪能しました。

 

その他楽器隊は特に毛のある方のGがアグレッシブに動いていたのが印象的。特にかがんで回りながらヘドバンかましてたのがカッコよかったですなぁ。周りにぶつからないか心配だったけど。Bも地味ながら佇まいがカッコいいですな。この二人は特にCoFのバンパイヤ的雰囲気に合ってた気がします。髪のないGとDrは地味な感じ。特にドラムは手数足数が多くすごいことやってそうなのにドラムキットの周りの壁があったことも含めて、ちょっと蚊帳の外な感じ。一部リズムが怪しそうなのところもあったような。

 

Her Ghost in The  Fogでは楽器隊が並んでヘドバン。ラウドパークの時も思ったけど、あの厳ついにいちゃん達がこういうことをするのは微笑ましいですな。

 

最後はFrom the Cradle to Enslaveで締め。やっぱり締めはこの曲だよなぁ。

 

最高傑作だと思っているMidianからもう少しやってもらいたかったけど、ライブで初めて聴けた曲も多数あり、限られた時間の中いろんなアルバムから選曲されたいいセトリだったかと。

時間的にも100分超えくらいやってくれたしね。

 

彼らがブラックメタルかどうかはさておき、この手のジャンルのバンドが今年は多数来日してくれて、まさに嬉しい悲鳴状態。

 

今度は10何年も開けずに来日お願いします。

いつかMidian完全再現とかで来日してくれんかなぁ…

 

setlist.fmより

1.Gilded Cunt
2.Beneath the Howling Stars
3.Blackest Magick in Practice
4.Heartbreak and Seance
5.Bathory Aria: Benighted Like Usher / A Murder of Ravens in Fugue / Eyes That Witnessed Madness
6.Dusk and Her Embrace
7.The Death of Love
8.You Will Know the Lion by His Claw
9.Creatures That Kissed in Cold Mirrors
Encore:
10.A Bruise Upon the Silent Moon
11.The Promise of Fever
12.Nymphetamine (Fix)
13.Her Ghost in the Fog
14.Born in a Burial Gown
15.From the Cradle to Enslave

 

 

Pagan metal horde vol3 2018/04/21

@holiday 新宿

 

中東スペシャルとなった今回のペイガンフェスに久しぶりに参加して来ましたよ。

 

今回の会場、初めて行ったと思うけど、まぁ遠いな。ゆっくり行きすぎてようやく着いた時にはIthilienの最後の一曲ってところでほとんど見れず…

 

で、喉が乾きすぎていてすぐにでもドリンクもらいたかったのに、なぜかClosedになっていてしばらく待たされるなど。この時にこの会場の印象は最悪になりましたね。

 

そうこうしている間に、初来日のDardiada開始。たぶん結構なベテランなのかな?恥ずかしながら今回の来日ではじめて知りました。アルバム一枚しか予習してこなかったもののどれも聴いたらすぐに楽しくなるキャッチーさがいいですね。何語かは分からんけど、そこは適当に。Voのおねえさんの横に立つBがデカかったです。最後は自分も聴いたことあるPVになってた曲で楽しく終了。

 

続いて今回のお目当Orphaned land。

初来日も良かったけどWackenで見た時のライブが楽しすぎて一気にお気に入りとなったバンド。新譜も最初はパッとしなかったけど聴いていくうちにはまって来たスルメ盤

今回のライブでも新曲はかなりライブ映えしてましたねえ。新譜一番のキラーチューンでアングリーソングとして紹介されたWe Do Not ResistでCrap our handsに合わせて手を叩けたのも最高。(タイミングわかるか心配だったけど、Voがいくぞ~って感じで手を上げて準備してくれたので助かりました。)

いきなり2曲目にAll is Oneを持ってくるのも意表を突かれてテンション上がった。もっと終盤に来ると思っていたので。やっぱりこの曲は超名曲やね。

歌ったり、いろんな手拍子したり、飛び跳ねたりで楽しすぎるライブでした。下手のGの人がちょくちょく煽ってくれるので全く盛り下がることはなかったです。こっちがトリの方を見たかったけどチケット買った時はまだ発表されてなかったからねぇ。でも体力があるうちにアンコールも含めて60分以上やってくれたのでこれはこれで良かったかな。

 (setlist.fmより)

1.The Cave
2.All Is One
3.The Kiss of Babylon (The Sins)
4.Ocean Land (The Revelation)
5.We Do Not Resist
6.Like Orpheus
7.Birth of the Three (The Unification)
8.Take My Hand
9.Sapari
10.In Thy Never Ending Way (Epilogue)
Encore:
11.Norra el Norra (Entering the Ark)
12.Ornaments Of Gold (outro)

 

 

そしてこの日のトリのMyrath。

未発表の新曲をやるとかで録画禁止の事前アナウンスあり。

イントロに合わせておねえさんが踊ってライブスタート。確かにラウパの時も踊ってるおねえさんいたなぁ。

彼らの場合はとにかく現在の最新アルバムの出来が素晴らしいのでそこからの曲は当然大盛り上がり。合間合間に何曲か披露した新曲は若干毛色が違うような感じながらこれまた良い曲。

最後の方に披露された曲が特に良かったかな。

後はVoの顔の濃さとKeyの背の高さが印象的でした。

 

  (setlist.fmより)

1.Born to Survive
2.Storm of Lies
3.Dance
4.Merciless Times
5.Get Your Freedom Back
6.Endure the Silence
7.Nobody's Lives
8.Sour Sigh
9.The Unburnt
10.Tales of the Sands
Encore:
(SE)Jasmin
11.Believer
12.No Holding Back
13.Beyond the Stars

 

とういことで会場以外は大満足でした。

 

自分は撮ってないので奥さんのをもらいました。

f:id:swbit:20180424075404j:image

 

 

SABATON JAPAN TOUR 2018 Supported by World of Tanks w/ Amon Amarth 2018/3/29、4/2

@六本木EXシアター / ZEPP TOKYO

 

SABATON待望のヘッドライナー公演に何とAmon Amarthがサポートという豪華すぎる組み合わせでの来日。これは行くしかないと東京両日参戦。

 

六本木は後ろの一段高いところからじっくり観戦し、ZEPPは真ん中あたりで飛び跳ねてました。

 

とりあえず、両日両バンドとも最高すぎた!!強いて言うならAmon Amarthの時間が40分くらいと短めだったのがちょっと残念だったくらい。それでも二日間も見れれば大分満足度は高いですが。

 Amon Amarthは暴れたりヘドバンしたりするのにぴったりだしSABATONは歌ったり飛び跳ねたりするのが楽しいしで、両バンドの特徴が被らないけど、曲がキャッチーで名曲が多くはじめて聴いても引き込まれるところは共通してるという、今考えても最高の組み合わせでしたね。

 

Amon Amarthが六本木では巨大な幕を使っていたのにZEPPではSABATONと同じようにモニター使ってたのは何でだろう??モニターの前に幕を降ろすスペースがなかったのかな??

Voは「Good!!」を言わせたら世界一でしょう。

 今回は両日とも音が凄いよかったこともあって特にBが映えてました。北欧のバンドはBカッコいいのが多い気がする。

 ということで短いながらに名曲を詰め込んで大満足でした。ZEPPが今回のツアー最終日だったようで、またアルバム出してら次こそは久々のヘッドライナー公演やっても良いんでない??

ZEPPでは奇跡的にピックゲットしました。

f:id:swbit:20180404220326j:image

 

EXシアター
1.The Pursuit of Vikings
2.First Kill
3.Twilight of the Thunder God
4.As Loke Falls
5.War of the Gods
6.Deceiver of the Gods
7.Raise Your Horns
8.Guardians of Asgaard

Zepp
1.The Pursuit of Vikings
2.First Kill
3.Twilight of the Thunder God
4.The Way of Vikings
5.Destroyer of the Universe
6.Deceiver of the Gods
7.Raise Your Horns
8.Guardians of Asgaard

 

 

そしてSABATON。

すっかり日本人気も定着しつつありますね。

まさかこんなに頻繁に来日してくれるようになるとはWackenではじめて知った時は思いもしなかったなぁ。戦車があろうがなかろうが、パイロがあろうがなかろうがそんな事は関係ないですね。新譜が個人的にはちょっと微妙だと思っていたにもかかわらずライブに組み込まれるとどれも最高に盛り上がってしまう。そんな体験をするからまたCD聴くとテンション上がってしまうという好循環。だいたい聴きたい曲はこの二日間で聴けたのでこちらも大満足!!

Zeppの方がゆるい感じで、Gが「Swedish Pagans」の前にKISSを歌いだしたり、「Gott mit uns」ではVoは最後の方まで引っ込んでまかせっきりだったし、

「Night Witches」(だったかな?)では冒頭の歌いだしが完全に飛んでしまっていたり

いろいろありましたね。

新しいGはLoud Parkではイマイチまだ馴染めていない感あったけど、そのときの「バカ」が大いにうけたおかげですっかりいいキャラ化したね。

またアルバム作ったら来日お願いします!!

 

EXシアター
1.Ghost Division
2.Winged Hussars
3.Swedish Pagans
4.Carolus Rex
5.Into the Fire
6.The Last Stand
7.A Lifetime of War
8.Blood of Bannockburn
9.Resist and Bite
10.Sparta
11.Night Witches
12.Cliffs of Gallipoli
--
13.Primo Victoria
14.Shiroyama
15.To Hell and Back

Zepp
1.Ghost Division
2.Uprising
3.Swedish Pagans
4.Carolus Rex
5.Screaming Eagles
6.The Last Stand
7.The Carolean's Prayer
8.Blood of Bannockburn
9.Resist and Bite
10.Gott mit uns
11.Winged Hussars
12.Night Witches
13.Attero Dominatus
--
14.Primo Victoria
15.Shiroyama
16.To Hell and Back

 

終演後急いでユニコーンガンダムを見てきた。はじめて見たけどやっぱりユニコーンはカッコいいね。

f:id:swbit:20180404220531j:image