swbitの日記

メタラーブログ

ドイツ旅行 Wacken 四日目 その1 8/6/2016

いよいよWacke 2016 も最終日。
 
※前日の様子はこちら。
ライブは12時からだったのでビールを飲んだり、ホットドックを食べたりして待機。
途中急な大雨に襲われるもライブ開始時にはすっかり晴れ模様。
 
この日一発目はBlack StageのDragonforce。
最初、彼らはPartyStageだと思い込んでいてずっとそちらで待機していたんだけど、
やけに人が少なくて「こんなもんなのか」と思いつつ念のため調べてみたらBlack Stageだったので、
開始直前に急いで移動。
12時からということもあり日本での彼らの人気とは違い人はかなり少なめ。
これだけ違いがあればそりゃ日本好きになるよなぁ。

f:id:swbit:20170505212522p:plain

新Voは今回が初Wackenってなことを言ってました。
 

f:id:swbit:20170505212011p:plain

最後の2曲くらいで、ゲストVo(誰?)が登場。紹介で「Youtube sensation」とか言ってた気がするからYoutuberなのかな?
これが、まぁひどい。普通にバンドだけでやって欲しかった。ホント誰得?って感じのゲスト出演。
彼らの代表曲までも歌わせちゃダメでしょ。。。
ということもあり、個人的にはワーストアクトでした。
(ちょっと調べたところPelleKという人らしい。本気で歌えばうまいらしいがWackenではグダグダだったかと
 
つづいてTrue Metal Stageへ横移動してSymphonyX。
ここ最近のアルバムが素晴らしかったので期待大。
ただ彼らもBig in Japanと言われていたのでどれだけ集まるか若干不安だったものの、
かなりの人が見に来ていました。
ステージセットはかなりシンプルでちょっとさびしい感じ。
その代り?Voがオペラ座の怪人のようなマスクを何種類かつけたり外したりして変化をつけてましたね。
最後、終わったと思って後ろに下がってたらアンコールのように1曲追加
曲紹介で結構盛り上がってたのでこちらではこの曲が代表曲ってことになるのかな。
初めて見たけど素晴らしかったです。

f:id:swbit:20170505212901p:plain

 
そしてBlackStageへ戻ってBorknagarを遠目に見てみる。
元Dimmu BorgirのBの人がいるバンドで、アモルフィス的な抒情的な音楽が素晴らしい。

f:id:swbit:20170505213215p:plain

ただこの真昼間の時間帯には合わないしステージセットも地味だったので途中で切り上げてテントステージ側へ移動。
 
テントステージへ移動するとドイツのロックバンド9mmが演奏中
ほぼドイツ人だらけの観客がやたらと盛り上がってました。
 
そしてSnowy Shawを最前で鑑賞。
いきなりセグウェイらしきものに乗って登場で動きが面白すぎる。

f:id:swbit:20170505213608p:plain

それも1曲だけでそれをしまうのに時間がかかったのか2曲目が始まるまでに間延びしたり、
30分程度しか時間ないのに客の声援合戦をやらせたり、いろいろ自由すぎるw
Dream Evil(懐かしい!!)やDimmu Borgir、King Diamondのカバーもあり楽しいんだけど、
なんか物足りない。ちょっと期待しすぎたかな。。。
 
昼飯休憩。(その2へつづく。。。)
 
 

EPICA Japan Tour 2017 4/6

@クアトロ

 

ようやく実現したEPICAの来日公演の東京公演に行ってきました!

3rd出た頃から聴き始めてずっと来日を切望していたのに何度かの日本飛ばしを敢行してくれていたためドイツまで見に行っちゃった思い出深いバンド。

 ドイツのライブの様子はこちら

狼と吸血鬼と美女へ会いにドイツ旅行 2015 6日目(その3) - swbitの日記

 

ライブ自体久々で2017年初ライブ。こんなに間があいたのはかなり久々。

 

なので渋谷もかなり久々だったので地上への出口に若干迷う。

 

クアトロ入り口へのエレベーター上がるとさすがに売り切れていただけあってすごい人。前方に行くのは諦めて後ろの割とみやすい位置を確保。

 

場内BGMはずっとパワーウルフ。一応プシュする気はあるってことかね。来日あるか??

 

定刻を少し過ぎたところで暗転。イントロから一曲目、あまりためることなくシモーネさん登場。

 

同期音源を入れながら壮大な曲を見事に再現。

シモーネさんは混声コーラス部も同期音源だけに任せることなくちゃんと合わせていてさすがですね。

 

今回のライブ、とにかく音が良かった。大所帯の割に見事に全ての楽器がクリアに聴こえるバランスが素晴らしい。

これまでクアトロで見たライブの中でもベストだったかも。

 

ライティングはさすがにドイツで見たほどのセットは入れられないのでこじんまりとしてたけど、十分素晴らしい。

このバンドは演奏やセトリも含めてかなりプロフェッショナルだよなぁ。

 

新譜も過去の名曲に劣らずライブ映えしていい感じ。

 

何曲か歌わせようとしてたけど(11曲目など)歌詞も音程も無理ですw 

 

シモーネさんはあのマイクスタンド持ってきてなかったのは残念。痩せてるのに意外と腕とかかなり逞しいね。

 

前回見たときにかなり印象的だった上手のギターの人は今回もかなりアクティブでやはり好印象。キーボードやベースの人とおっさん2人でハート作ってるのが微笑ましい。日本人がそんなことやったらキモいだけだろうけど。

 

ドラムは凄いことやってるのにあまり目立たなくてかわいそうね。

 

ただ今回はキーボードの人がとにかく印象的。キーボードくるくる回したり、客席に入ってきて演奏したりとにかくせわしない。

 

とにかくみんな楽しそうにやっていて見ているこっちも楽しくなる、そんなライブで最後まであっという間の100分くらいで終了。

 

名曲が多いバンドだけに物足りなさがあるのはしょうがないね。初来日だけに何かサプライズ的なものがあると嬉しかったけど、そういうのを入れる隙もないかな。

 

まさかサークルやWOD(15曲目)をやらせたりするとはね。ジャンプさせるとこ(14曲目)もあるしで至れり尽くせり。MCも分かりやすい内容で英語が苦手な身としてはありがたかったですね。

 

とにかく長年待たされた期待通りの素晴らしいライブで大満足でした。

ただやはり待望の初来日としてはクアトロは狭すぎるでしょ?

 

今度からは日本飛ばしなどせずに頻繁に来日してもらいたいものです。

(ラウパの噂もあるらしいけど果たして…?)

 

 

Eidola (7th)
1. Edge of the Blade (7th)
2. A Phantasmic Parade (7th)
3. Sensorium (1st)
4. Unleashed (4th)
5. Martyr of the Free Word (4th)
6. The Essence of Silence (6th)
7. Storm the Sorrow (5th)
8. The Obsessive Devotion (3rd)
9. Ascension - Dream State Armageddon (7th)
10. Dancing in a Hurricane (7th)
11. Unchain Utopia (6th)
12. Cry for the Moon (1st)
Encore:
13. Sancta Terra (3rd)
14. Beyond the Matrix (7th)
15. Consign to Oblivion (2nd)


1st(Phatom):2、2nd(Consign):1、3rd(Divine):2、4th(Design):2、
5th(Requiem):1、6th(Quantum):2、7th(Holographic):5+Intro

こうして見ると新譜から最も多く、且つすべてのアルバムから選曲というかなり考えられた良いセトリ。

 

 

Secret Sphere Japan tour 12/17/2016

@柏Palooza

 

高校時代よく通っていた柏に10年ぶりくらいに行くことに。

ほとんど変わってないけどDiskUnionの前の通りが結構変わってたかな。

 

で、柏にこんなライブハウスできてたのね。

 

最初のバンド。

最初はそうでもなかったのに途中から音悪すぎて何やってるか分からず。

BとGは呼び屋のバンド(Etheral Sin)の人っぽいね。Bは多分そっちのバンドのVoだよね。

音がデカすぎるのか床が揺れてるように感じて気持ち悪くなったり…

 

Trick or Treat

もちろん見るのは初。

VoはLT RHAPSODYのVoらしくやっぱり歌うまい。ギター二人はやたらイケメン。ちょっと見た目はポールギルバートぽかったり。ベースは厳ついのに動きがコミカルで面白い。ソロもやってそこでスーパーマリオやったり。ドラムは個人的にはイマイチかな。

途中でまさかのペガサス幻想!!ちょうどその世代なだけにこれは嬉しすぎた。

途中でSecret SphereのVoがゲスト参加。

最後は個人的にかなりお気に入りのトニーカッコとの曲。なかなかの盛り上がりで終了。

昔の曲もちゃんと聴いてみよかな。

 

トリのSecret Sphere。

前回の来日から多分ライブアルバムしか出してないのに早くも再来日。前回の無料ライブの赤字返済ツアーかね?

今回やたらとドラムがカッコよかったのでずっと見てたんだけど、どうやら新メンバーみたいね。いい人見つけたねぇ。

Voのうまさは言わずもがな。もう少しシリアスにやってもらいたい気もするけど。

ギターの人も歌がかなりうまいしね。

ベースは小指を怪我してたらしい。4本で弾けるってことがバレちゃったみたいにいじられてたけど。

終盤ToTのVoがゲスト参加。これまた豪華。

KeyやVoのダイブもあり大盛り上がりで終了。

いや〜、楽しかった。

 

f:id:swbit:20161217222300j:image

ドイツ旅行 Wacken 三日目 その2 8/5/2016

Wacken 2016 三日目の続き。

 

テントステージへ移動してOrphaned Land。

ここでもテント内はものすごい人。こんなに人気なのか。

で、ライブはというとこれがものすごい良かった。

この前の日本公演は何だったんだ?って感じで全く別次元。

f:id:swbit:20161204131026j:plain

女性Voや女性ダンサーも出てきて盛り上がる。

f:id:swbit:20161204131618j:plain

綺麗なお姐さんが二人もいると華やかさが全然違うね。

f:id:swbit:20161204131657j:plain

いや~、このバンド一気に見直しちゃいました。

今度はぜひこの2人を連れて日本公演してもらいたい!

今年のWackenでのベストアクトの一つでした。

 

その後は結構時間があったので会場内のお店を見て回ったり昼飯食べたり。

 

それでテントステージに戻って1349を見ようか迷ったけど、

ここは前日のメイデンのことがあったので早めにメインステージへ移動しBlind Guardian待機。

 

そしてこのBlind Guardianもめちゃくちゃ素晴らしかった。

やはりドイツでみるブラガはいいね。

Bard songは思ったより周りは歌えてなかったけどw

セトリなどは来日時とそれほど変わらないかと思うけど、

新譜が気に入っている自分としては全く問題なし。

ブラガも今回のWackenのベストアクトの一つだったかと。

 

f:id:swbit:20161204132845j:plain

 

そして見たことがなかったMinistryへ。

ステージセットがかなり豪華でそれを見ているだけでも楽しめるし、音も重低音が響いてカッコいい。CDで聴いたり動画を見ているより全然いいね。

 結構遠目からだけど正面から見たらこの巨大スクリーンとそれにシンクロする音の迫力がすごい!

f:id:swbit:20161204133005j:plain

ただ、寒さと疲れでThievesを聴いたら満足したのでテントへ。

 

Testamentを子守歌に就寝w

IHSAHN Japan tour 12/3/2016

@代官山UNIT

 

泣く子も黙るEMPERORのIHSAHN単独公演行って来ました。

 f:id:swbit:20161203202241j:image

単独7000円という強気の値段にビビって二の足を踏んでたものの、何気なく新譜を聴いてみたらこれが素晴らしかったので1週間前に急遽チケット購入。

 

ソロを見るのは初来日以来2度目かな?今年のWackenで横目にちらっと見た気がするけど。

 

心配だった客入りもある程度スペース確保できる程よい混み具合。

 

定刻5分過ぎくらいに暗転して普通にさらっと登場。今回のバックバンドはLEPROUSじゃないのね。ベースレスの編成だったけどあまり問題なかったかな(同期音源??)。その分、低音がデカすぎることもなくIHSAHNの8弦ギターも含めて各音がちゃんと聴こえて良かったのかも。

 

今回のIHSAHNは喉の調子が悪いらしく特に高音がすごいつらそう。それでもあの理想的なブラックメタル声でうまいことこなしてたのはさすが。LEPROUSのVoが参加している曲もIHSAHNが全てカバー。さすがにつらそうだったかな。

 

セトリ的には新譜が最高だったのでもう少しやってもらいたかったなぁ。それでもEMPERORメドレーも含み最近の曲を中心に硬軟織り交ぜていて概ね満足。

 

 

 またEMPEROR再結成して今度は2nd中心にやるようなので是非またそれで来日お願いします。前回の日本公演行けなかったので…

 

 ちなみに物販も写真撮ってみた。パーカーも作ってんのね。

f:id:swbit:20161203202405j:image

 

英語力がかなり落ちたのか、MCの内容半分以上理解できんかった…

 

1(Intro).Hel
2.Hiber (5th)
3.Pulse (5th)
4.Pressure (6th)
5.Until I Too Dissolve (6th)
6.Frozen Lakes on Mars (3rd)
7.A Grave Inversed (3rd)
8.Celestial Violence (6th)
9.Emperor Medley
10.Tacit 2 (5th)
11.Tacit (5th)
12.My Heart is of the North (6th)
13.The Paranoid (4th)
14.Mass Darkness (6th)
Encore:
15.Grief (4th)
16.The Grave (4th)

 

 

Die krupps & Leather strip 11/26/2016

高円寺UFO Club

 

去年の最高だった無料ライブからたった1年後にまたまた来てくれましたDie krupps。

今年のWACENに出てたみたいだけど見れなかったんだよねぇ。

 

その時のライブが最高だっただけに行く気満々だったんだけど、いろいろあったようなので直前までチケット購入は躊躇。

約1週間前に購入を決意するも、ちょうど空いている日が土曜しかなくそこを取ろうとしても普通のチケットガイドのサイトにそこの日程が載ってない。どうやら会場から直接買わないとダメらしい。なんて面倒臭い…

 

今回呼び屋をやってくれている人に連絡してチケットを確保。あとは当日を待つのみ、のはずがここにきて中耳炎と外耳炎を併発…

1週間の治療でなんとか痛みは取れて一安心。

 

で、当日ここの会場初めて行ったけどクラブバーなのね。入ってみるとやはり狭いしステージ低い。ただ耳のこともあるのであまり前方には行かずに真ん中後方くらいでまったりみることに。

 

18:40くらいから最初のLeather stripなる1人インダストリアルなおっちゃんの一人カラオケを鑑賞。全然予習してなかったけど楽しかった。めちゃめちゃ人の良さそうな腹の出たおっちゃん一人なので狭いステージでもそこそこ動き回れてコミカルな動きを交えつつで約1時間強飽きなかったな。唯一知ってる曲のJapanese Bodyではイントロに日本語のSE付き。思いっきり叫びまくりましたよ。

 f:id:swbit:20161127114254j:image

Intro
1. Evil Speak
2. Civil Disobedience
3. Filling the Graves
4. Mortal Thoughts
5. Black Gold
6. Strap Me Down
7. Don't Tame your Soul
8. Kiss My Deutschland
9. Japanese Bodies
10. No Disco
11. Desert Storm

 

そしていよいよDie krupps

彼らにしては狭い会場、寂しい客入り(最終的にはそこそこ埋まってたけど)にもかかわらず最高のライブを見せてくれました。ただでさえデカいドイツ人なのにここの会場は天井が低いためめちゃくちゃ窮屈そう。それでもできる範囲で最高のパフォーマンスを見せてくれました。

もう終始飛び跳ねまくり、叫びまくりましたよ。

Voはこんな会場でもちゃんとあの金属パーカッションを持って入り、最高の金属音を叩き出してました。普段はそれに乗って立ち上がり煽ることもあるんだけどこの日は当然立ち上がれないので乗るだけ。

上手のGは相変わらずカッコいいおっさんですな。窮屈そうながら飛び跳ねたり、ヘドバンしまくったりで全力投球してました。

そのほかの人はあまり大した動きはなしかな。

アンコール含めてMCらしいMCを挟まずに約90分、特に中盤以降の名曲連発にはテンション上がりっぱなしでした。

いや〜、ホント行ってよかったわ。

 アルバム3枚("II The Final Option", "The Machinists Of Joy", "V Metal Machine Music")しか持ってないけど全然問題なかったです。

 f:id:swbit:20161127105305j:image

 

終演後サイン会あるとの告知があるも次の日朝から休出になったりがあったのでそそくさと退散。

 

これが最後の来日公演になる可能性高そうだけど、ぜひまた来てもらいたいね(来年はいいけど…)

 

 Intro Live longer
1 High Tech/Low Life (form "I")
2 The Dawning of Doom (form "I")
3 Isolation (from "III")
4 Risikofaktor (from "The Machinists of Joy")
5 Kaltes Herz (from "V")
6 Alive In A Glass Cage (from "V")
7 Der Amboss (cover)
8 Schmutzfabrik (from "The Machinists of Joy")
9 Scent (from "III")
10 Black Beauty White Heat (from "Paradise Now")
11 Fly Martyrs Fly (from "V")
12 To The Hilt (from "II")
13 Metal Machine Music (form "I")
14 Robo Sapien (from "The Machinists of Joy")
15 Nazis Auf Speed (from "The Machinists of Joy")
16 Fatherland (from "II")
17 Machineries of Joy (from "The Machinists of Joy")
18 Bloodsuckers (from "II")

 

間違いあると思います…

セトリは他の日とほとんど同じなのかな??

 

 

knotfest2016二日目 11/6/2016

@幕張メッセ

 

前日の帰りが午前様になり疲れもあまり取れない中この日は10時40分ごろ会場到着。

 

中ではOAのsalty dogなるバンドが演奏中。Voが綺麗なおねえちゃんで曲もそれなりにキャッチー。MC取ってた人の頑張ってる感もなかなか好印象でした。

 

そこから一旦外をブラブラして魔法少女になり隊なるイタすぎるバンド名のライブを見てみる。プロジェクターを使ってステージいっぱいにドット絵RPG風映像を流すなどステージは派手。ただ男女Voのパラパラっぽい動きとかが痛々しい。特に男性Voが全体的にキモい…

 

そしてThe 冠。

以前はカラオケ大会で盛り上げてくれてた人がこうしてステージに立って苦節20年以上とか言われると泣けてしまう。ライブもサウンドチェックでSlayerをかますし、本編でもウドばりのボーカルでハイトーンも駆使して、MCも面白く楽しかった。あっという間に終わってしまったな。

 

そこから昼飯休憩をして初来日ButcherBabies。

アメリカではフェスに出まくってて割と有名な筈のバンド。女性ツインVoでほとんどその2人しか見てないw

MCは基本的に金髪の方が担当なのね。初っ端から新譜の一曲目で飛び跳ねまくり。本人たちも初来日をかなり喜んでいたようでテンション高いステージングで凄かった。ジャンプさせたりモッシュさせたりサーフさせたり、本人たちもしきりにフロアに降りてきたりでさすがライブで叩き上げられてきただけはあるね。

 

次のバンドは休憩時間にして、ここでAnthrax

彼らのキャリアを考えるとなんでこんな位置なんだ、と疑問があるものの相変わらず盛り上がる定番曲を立て続けてあっという間に終了…

どうせならカバーじゃなくてオリジナルをやればいいのに。

 

続く日本バンドは休憩。

 

そして新譜を出す直前のin flames

新ドラマーを迎えての来日は初かな。

今回はVoもよく聴こえてたし、セトリ的にも今の彼らにしてはかなり満足。もうColonyの曲とかは期待できないしね。それでもいきなりBullet Rideからスタートとかテンション上がるわ〜。ステージセットもライティングが見事。新曲も2曲披露して結構盛り上がってました。最近の彼らのライブでは非常に満足度が高いライブでした。ヘッドライナーでの来日が最近無い気がするから新譜出たらまたいくつかバンド連れて来てもらいたいっすな。

 

続く日本バンドは休憩。

 

そしてLamb of God

今日は全体的にそうだけど人が多い。モッシュに巻き込まれたくなかったので後ろでまったり鑑賞。Voは相変わらずせわしなく動き回り強烈な咆哮をかまして煽りまくる。

自分の周りはそうでもなかったけど前方は大変なことになっていたのでしょう。

それにしても彼らも短すぎるなぁ。

今回も大好きなLaid to Restで「ふぇい、りゅあーー!!」ができて満足。

 

続く狼バンドは休憩。

 

この日の準トリは個人的にはかなり久々にみるマリリンマンソン。ラウパの時以来か??

そういえば一時マリリンマンソンからマリリンマンソンが脱退とかあったけどあれってなんだったんだっけ??

ここ最近のアルバムが微妙なのであまり期待してなかったけど、割と三部作からの曲が多めで久しぶりに聴いてもテンション上がって飛び跳ねまくってた。やっぱり学生時代あたりに聴いていたバンドはもう体が覚えてますね。ただギミックの準備のせいか、体力のせいか曲間が長くてダレるねぇ。それでもフロアに降りて来て盛り上げるなど頑張ってましたねぇ。

 

この日の大トリも当然Slipknot

前日に見てるし、疲れもあったので後ろでまったり見ることに。

この日が彼らの今年の最後のライブってことで、いわゆる仕事納めってやつですね。

ところどころ数曲変更してたけど特に大きな驚きもなかったのでPepole=shitを聴いたところで退散。

2年もツアーしてたならもう少し新譜からのレパートリーを増やしといてくれないと…

他にもいい曲あるのにもったいない。

 

帰りに駅までの道を間違えるなどもありつつknotfest2016は終了。

 

帰宅直前で万歩計を落としていたことに気づき一気にテンションだだ下がり…