swbitの日記

メタラーブログ

SATYRICON Japan tour 2018/09/12

@代官山UNIT

 

当初5月に決まっていたもののちょうどCoFともろ被りだったり、そっから大阪と日程変更したりがあって結局延期となった振替公演。

 

新譜は多分日本盤出てない中での来日。よく来てくれましたね。

 

ライブは10分遅れでスタート。前作もそうだったけどCDでゆったり目でだるくなるような曲もライブで見るとテンションが全く落ちない不思議。意外とそういう曲でドラムのFrostさんの手さばきがすごかったりするのよね。

※前作では来日公演なかったけれどフィンランドのTuskaで体験。

 

swbit.hatenablog.com

 

で、そのFrost。もうこの人のドラムが好きすぎる。ツーバス気持ちよすぎるし、タム回しも見事にツボをついてきて、個人的ナンバー1ドラマーの座をさらに不動のものにしましたね。

今回は割と近くで見たんだけど意外とデカイのね。もっと身長低いのかと思ってたけど、そんなことなさそう。周りがでかいだけで。

 

VoのSatyrはオーラからして凄まじくカッコいい。まず身長高いのに顔が小さい。で、今回は短髪オールバックで映画に出る吸血鬼伯爵のような雰囲気も。後半でギターを持ちトリプルギター編成に。ギターが増えてもこの日は割と音が良かったので全然潰れたりすることもなかったのは前座なしの単独公演の恩恵かな。

 

サポートのギター二人とベース、キーボード?は動くことはほとんどなく淡々と。みんな豪快なヘドバンでかっこよかったです。

 

結局、新譜で一番好きなBlood Cracks Open Groundがやってくれなかったのか。あの中盤でのプリミティブなドラミングが見たかったなぁ。(イントロだけ聴き直すとやってた気がしたんだけど気のせいか。。。)

 

最初数曲やってみんな引っ込んじゃったので、もしかしてENSLAVEDの時のようにもう本編終わりか?と頭をよぎるも結局100分くらいで満足。

 

Mother northのイントロではフロント4人が並んで直立不動のまま引いてたけど手の動きが見事にシンクロしててちょっと面白かった。

 

ちょっと自分の周りでウザい人がいたのが残念だったけどライブは最高でした。

 

今回客入りが寂しかったし日本盤も出なくなったので次の来日も怪しいけれど是非Smashさんには今後も呼び続けてほしいものです。

 

1.Midnight Serpent (9th)
2.Our World, It Rumbles Tonight (8th)
3.Black Crow on a Tombstone (7th)
4.Deep Calleth Upon Deep (9th)

5.Walker Upon the Wind (8th)
6.Repined Bastard Nation (5th)
7.Commando (7th)
8.Now, Diabolical (6th)

9.To Your Brethren in the Dark (9th)
10.Black Wings and Withering Gloom (9th)
11.Walk The Path Of Sorrow (1st)
12.Transcendental Requiem of Slaves (3rd)
13.Mother North (3rd)

Encore:
14.The Pentagram Burns (6th)
15.To the Mountains (6th)
16.Fuel for Hatred (5th)
17.K.I.N.G. (6th)

 

1st:1、2nd:0、3rd:2、4th:0、5th:2、6th:4、7th:2、8th:2、9th:4

f:id:swbit:20180913073326j:image

 

 

どうやら日本盤も出てたみたい。

来日公演前に出してくれないとねぇ。。。

彼らを最初に聴くアルバムとしてはお勧めしませんが、

これはこれで聴きこんでいくと深みにはまるスルメ盤っていう印象。