swbitの日記

メタラーブログ

Dimmu Borgir Eonian Tour in Japan 2018/10/25

@恵比寿 LIQUIDROOM

 

新作を引っさげ、今回も来日してくれましたBlack Metal界の帝王Dimmu Borgirの東京公演に参加してきました!

 

前作が素晴らしすぎる名盤で日本公演も最高ということで、すっかり自分の中で最も好きなバンドの地位を築きつつあるので今回もかなり楽しみにしていました。

新譜は賛否両論あるみたいだけど、自分的にはこちらも前作ほどでは無いにしろその辺のバンドには到達できない良盤。

 

Tシャツ買う気でいたものの日程入りがなく、そのほかはバックプリントが無いものばかりで唯一プリントあるのはVoのイケメンTシャツ…ということで、今回は見送りました…

 

19時ちょうどにまずはSighからスタート。

あの悪名高き「いいにおいのするEnslaved Japan Tour」の時に続いてのOA。最初はギターがデカすぎたけど途中から修正されて、中盤以降はいつもの曲を連発。音源持ってないけどある程度覚えてきました。女性Voの方の血糊パフォーマンスも久しぶりにみれた気がする。

 

約30分のセットチェンジの後、

暗転してからかなり溜めてから登場。やっぱりカッコいいねぇ。一気にその世界観に引き込まれます。新譜の曲はコーラス等でクワイアが多いからその時はVoは殆ど歌わず。今後のためにもブラガみたいに大合唱できるように歌詞覚えておかないと。セトリ的には新譜の「Ætheric」や過去曲では「Dimmu Borgir」、「Vredesbyrd」とかが聴けなかったのが残念だけど、名曲だらけだからどうしても不満は出ちゃうよねぇ。PVにもなったプリミティブな雰囲気の曲ではイントロでドラムだけで叩いて始まったり、曲調的にも新境地を開拓してました。

70分程度と短めながら、最後はBlack Metalバンドとしては珍しく?写真撮影を行って終了。満足度は高いです。

今度はフェスとかのもっと大きなステージで見たいなぁ。流石にこの会場のステージではちょっと物足りない…

 

セットリスト(Setlist.fmより)

1.The Unveiling (10th)
2.Interdimensional Summit (10th)
3.The Chosen Legacy (8th)
4.The Serpentine Offering (8th)
5.Gateways (9th)
6.I Am Sovereign (10th)
7.Council of Wolves and Snakes (10th)
8.Archaic Correspondence (10th)
9.Puritania (6th)
Encore:
10.Indoctrination (6th)
11.Progenies of the Great Apocalypse (7th)
12.Mourning Palace (3rd)
outro.Rite of Passage (10th)

 

1:0, 2:0, 3:1, 4:0, 5:0,
6:2, 7:1, 8:2, 9:1, 10:5

新譜から5曲とかここまでのベテランとしては多いかな。
自信の表れですかね。

 

と、言うことでまだもっていない方は彼らの自信作の新譜を買いましょう(笑)

限定版のボーナスCD付に入っている音源はDEMO Verなんだけど、

ライブ感があって、これはこれでお勧めなのでお金に余裕があれば限定版が良いと思います。

会場でサイン付を売ってたけど1000円増し。サインに1000円は高いよなぁ。。。

(と、言いつつ自分はWard Records Directでサイン付限定版を予約して買いましたけどw)

 

 

f:id:swbit:20181026184212j:image

 

割と後ろから見ていたら終始カメラで撮りまくってるオッサン達がうざすぎでした…(禁止のアナウンスとかがまったく無かったので一概にやめろとは言えませんが。)